珍しい木製窓。~こわらの家~

富士吉田「こわらの家」。

ようやく熱的境界に区切りが!
梶原建築としては珍しい木製窓のお出ましです。
もちろんトリプルガラス!

家の中なのでそこまで必要なのかと疑問をお持ちの方もいるかと思いますが、築年数や装備品を考えたら、家の中も、家の外も大差ない環境。
つまり、寒冷地で無断熱、アルミシングルサッシでの生活は今や無謀と自覚しなくてはいけません。
しかし、既存住宅を高性能化するには、それ相応の建物試用期間も視野に入れる必要はあります。
コストは大事です。
どの家族にも様々な事情がありますので、それらをヒアリングして目標設定が必要と思います。

木製サッシ投入で、素材の存在感の強さ、環境も大幅に改善、そして、なんと言っても同じものは1つもない唯一無二のものであること!
非常にこの家の価値が大きく上がりました。
さらにここからの展開も楽しみです。

そして、ひと段落したとこで、そろそろ気密測定もですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA