建物が据わる切り離せない要素の一つ、地盤。

地盤には硬いものから軟弱なものまで様々な性状があります。

これが建物にもたらす影響は計り知れません。当然地震の効果はこれに左右されます。

住宅新築時は確実に地盤調査が必須。さらに、この調査による判断が第一のステップとなり、建物の将来を決めるといっても過言ではないでしょう。

調査結果と計画される建物から補強などの対策を練ります。

また、土地購入の検討段階でも事前調査などから補強の想定などを調べることが可能です。

何事も足元が肝心であるということは何においても一緒ですね。

信頼ある調査会社を経由して、地盤を詳細に解析し上部構造との一体化を図りましょう。