さらなる断熱を。~こわらの家~

富士吉田「こわらの家」。

さらなる断熱を。

内部の仕上げがまもなく完了ですが、通常なら先に施工するはずの外部工事をようやく再開。
「通常なら」というのは、外部は特に雨の影響を気にするため、防水の面でも先行して施工しておく必要があるからです。
今回の例は既存外壁よりも宅内に新規壁が存在し、雨のリスクはありません。
築年数が古いため2階からの雨漏りがないとは言えませんが。
施主様の一日も早い新生活のスタートのために内部先行で進めてきました。

というわけで面材補強よりも外側への施工が始まりました。
壁の付加断熱工事です。
中といえど外!これが築年数の古い家の認識。
家の中でも限りなく外気に近かったお宅の性能がバージョンアップした姿に生まれ変わる最後のスパイスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA