外と内をつなぐ重要な部位が外周面の開口部である「窓」や「玄関」。
外周開口部は意匠(デザイン)・断熱(保温力)・防音(騒音対策)・防犯などの様々な能力を求められ、ここが家の性能を決めると言っても過言ではないくらい優先順位はかなり高い。

また、窓はフレームとガラスで構成されるのでそれぞれの性能も吟味する必要があります。
フレームは熱を通しにくい素材を選定(例えばアルミは熱を伝えやすく、木は伝えにくい。この2種類は約1000倍の違いがある)。
ガラスは地域の気候や状況に合った能力が最低限求められる。
断熱された壁と開口部を熱的に比べると格段に開口部は弱い。つまり、穴になりがち。
しかし、考えを変えると太陽からの熱源を取り込む暖房機となる。単純に1間の掃き出し窓でコタツ一台分の熱が入ってきます。冬などは使わない手はありません。
窓の位置や向き・方位に配慮すれば、窓は最大限の機能をもたらすことでしょう。

弊社は寒冷地である富士北麓での工事が多いため、トリプルガラス+樹脂or木製のサッシを標準とします。