梶原建築の家づくり

我々がお客様と住まいを考えていく上で、大事なのはお互い信頼し合い考えや内容を共有する意思にあると思います。
つまり、これができない者同士ではどこかしら意見のすれ違いが出てしまい、平行線となり満足のいく住まいづくりは難しいことと思います。
そして、我々のベースとなる考えを知って頂くことがスタートになります。

計画で大事にしていること

●選定した敷地を周辺との調和を意識して配置と完成イメージ
●暮らし方を整理し、将来にわたって無理無駄の少ない間取り計画
●耐震性能等級3を確保できるバランスよい構造計画
●太陽と上手に付き合い、夏の日射遮蔽・冬の日射取得を利用を考えた窓や庇
●防湿・断熱・気密・透湿・換気・防水・防火に配慮した躯体の断面構成
●劣化対策を重視し、維持管理・更新が容易に行えるメンテナンス性
●可能な限り健康や空気質に良い効果のあるホンモノ素材選定
●効率よい換気計画と暖冷房計画

家づくり要素

調査必須の地盤
地震に耐える構造体
劣化への備え
窓がキーマン
保温力を高める
電気の副作用
素材を選ぶ