象徴的なエリアが、いよいよ撤去。~こわらの家~

富士吉田「こわらの家」。

解体当初から、この物件の象徴的なエリアが、いよいよ撤去されます。
北面だけは真の意味での外壁。
これが他の三方面でも可能になる今回の改修プラン。
それにしても施主様に了解を得ていたとはいえ、なかなかできない荒技のエリアでした。