断熱と気密は必ずセット!~こわらの家~

富士吉田「こわらの家」。

断熱と気密は必ずセット!
細かい部分もきっちり隙間を無くします。
建物を長持ちさせたい、内部の換気・暖冷房を効率よく効かせたいならこのような行為は当然になります。
我々のグラスウールによる断熱工事は、防湿フィルム付きでの納めよりも確実に隙間を塞ぎます。
そして、細かい部分にも信頼性の高い部材を用いて、手間を削減しながら適切に作業していきます。
気密と併せて、防湿の役目はとても大事。
内部結露のリスクは徹底的に排除。
こうすることで、より長期的に気密性の高い空間を維持します。

そして、今回はわざわざ断熱用の天井を内装天井とは別個に施工。
少し手間はかかりますが、こちらはなるべく簡易的に断熱天井をしてダウンライトなどの照明スペースを確保、配線の自由度を高めます。
後の修正工事などは気密層を傷めることなく、その内側で簡易的に対応が可能です。
また、下地の増設などもとてもやりやすいです。
一つだけデメリットといえば空間が小さくなることでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA