築年数の古い昔の部材について。~こわらの家~

富士吉田「こわらの家」。

築年数の古い昔の部材はいろいろ勉強になる。
最近の精度の安定した製材品ではとても味わえない技術と苦労がうかがえるし、リノベはそれに対応できなくてはいけない。

梁のよじれや柱のよろび。
必ずしも部材の寸目が端から端まで同じとは限らないこと。
これに対応するのは経験しかない。
これらの変形を理解したからこそ、今の安定品があるのだと思う。
だから、リノベは見極めが一番難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA