何事も下地・下処理が肝心。

「背戸山の家」
いよいよ石膏ボードが隠れる直前です。
クロスは所謂お化粧になるわけですが、何事も下地・下処理が肝心。
人と同じですね。
クロス屋さんも繰り返しパテをしごき、クロスを張った時に下地の変化がわからないように、後々のジョイント部の影響が出にくいように仕上げてくれます。
見た目の良さを何倍も良くするための努力。
また一つ、この家に新しい価値が肉付けされていきます。