既存のキッチン収納を再利用。

「背戸山の家」

既存のキッチン収納を再利用するにあたって、解体時に外さざるを得なかったカウンターは仕掛けががっちりしてあり、補強材に接着剤+ビスというパターン。
外すとき、ビスは折れ、接着剤の力でカウンターに下地がついてくる始末。
しばらくこれをどう利用しようかと後回しにすること数十日。
ついに手をつける時がきたんですが、折れたビスの対応に困る。
集成カウンターはタモ系(堅木)で、ビスの食い込みが強烈で、ペンチ等で捻ってもビクともせず、悩んだ末にポンチという釘締め道具を使って叩き、少し深い部分でさらにへし折りました。

再利用するにあたり、裏とはいえ、へばりついた下地を取り除き、研磨して平滑にしたかったんですね。
削るにしてもビスが飛び出ているばかりに、刃物やベルトサンダーという研磨道具を使うのに影響が無い状態までにするのは骨が折れました。
でも苦労したおかげでカウンター材を廃材にすることなく再利用に成功!
そんな作業を見守ってくださった施主様の喜びも一際嬉しかったです。