SP「オリンピック始まる!」

いろんな賛否両論ありましたが、東京五輪2020がスタート!開催を喜んでいいものかはわかりませんが、場は整ったわけですし私個人は出場する選手の皆さんを心から応援していきたいと思います。そして、周囲は並行して感染拡大に注意ですね。

今週は真夏日真っ盛りのなか、お仲間大工さんの建て方お手伝い。

ビルトインガレージを備えた大きな物件でした。1階面積が大きく、柱の数も相当なものでした。

大活躍の空調服。格段に汗のかきかたが違い、暑い環境下での作業にはスタンダードなお供となってきましたね。

とはいえ、水分・塩分補給は怠らないことが大事。写真の先輩も一気飲みです(笑)。この時も1日4Lくらいは軽く給水してます。

建て方メンバーは40代のベテラン組とはいえ、段々年齢とスタミナにも懸念は出てきてますから気は抜けません。

親方は常に周りに気を配り、要所を確実に抑えて一日中段取りと先読み、先手作業の繰り返し!ハプニングにも柔軟に対応です!カケヤを降るタイミングはなかなか無いのですが、この現場で貴重に撮れた親方のカッコいい一振りです!

二日間でなんとか野地板まで納め、粗方の上棟が完了。

半袖装備で行ってしまったため、帰宅して娘の腕と比べるとこの違い!日焼け通り越して火傷です(^^;;

建て方は、大工さんの初めの見せ所、いろんな要素が一番凝縮された作業です。

体調の良し悪し、安全管理、材の段取り、道具の準備、人選配置、ハプニングへの対処、上棟までの分刻み目標スケジュール。

これらを常に頭に入れておきながらの作業なんですね。手伝いに行くときは助っ人としてもそんな目線です。やっぱり人手が必要な作業なときこそ、大勢いるうちになるべく先へ進みたいというのが本音ですから。

さて、背戸山の家は追い込みも追い込み、壁が片付き、メインディッシュのキッチン周りまできました。

石膏ボードはなるべく開口またぎ張り。開口部は角が弱点になりやすくクラックが入りやすいので面倒でも一枚を切り欠いて張っています。

キッチンにはメーカー品のシステムキッチンを据え付け、元々あったキッチン収納をダイニング側に寸法調整して取り付けることに挑戦です。

この収納は右2/3と左1/3は使用向きが逆でしたが、なんとか手を加え同一面に調整できればと当初から計画。この家を建てた大工さんが作ってくれたと思われる造作収納。頑固に作ってあり部分解体も手こずりました。

右側はそのまま、左側は建具も既存利用したいために納めかたを変えて細工。奇跡的にうまく行きました!最終完成が楽しみです。

そして、堅木の集成材カウンターはべっとりウレタン塗装されていたのをペーパーサンダー掛けして、素地を出してみました。

腐朽していた部分もうまく取り除けたので儲けものです(笑)

新旧のハイブリッドキッチンの完成まであと少し!

久しぶりに数人のお仲間と野外BBQをして軽いリフレッシュ!野外の肉とアルコールは最高です!早く大勢で賑やかにやりたいですね〜。

まだまだ夏は始まったばかり、遊んで休んで、皆さま熱中症に注意して楽しみましょう!