SP「夏が来る〜♫」

いよいよ、梅雨が明け、蒸し暑さから夏らしい暑さに変わっていきそうな予感です。
ついこの前まで毎日のように天候が安定しない日々でしたので、少しは落ち着くのでしょうか。

オリンピック間際の都内感染拡大という不安な時期ですが、今週はなんといってもオオタニさーん。

まさにショータイムのオールスター。
彼の実力につい注目がいってしまいますが、すごいのはきっちりとした計画ある努力。
決して天才とかいうありきたりな言葉は彼には当てはまりませんし、どんな人にとってもその人次第で結果は変わるんだと考えさせられます。

さて、この1週間は比較的現場工事に集中。

床張りも細かい部分を終わらせ、ようやく腰痛の地獄から解放されそうです。笑

このスペースは壁を既存利用のため、いわゆる壁に「突きつけ」の床張り。
壁は決して真っ直ぐとは限りません。
また、直角に見える部分も角度が変化していたりなんてザラです。

壁を床の後に仕上げるのなら、壁材の厚み分隠れる余裕があるため、細かいことは気にせず、どんどん貼りますが、
階段のささら桁部分やドア枠の出っ張りなど障害物はたくさんあるので、通常施工より手間がかかります。

床が終わり窓や入口などの開口部の造作。

弊社では栂材の板をストックしてるので、今回はこれを加工して造作材に利用です。

部位ごとに納まりを確認して加工場にて寸法を決め、仕上げてきます。
取付加工は現場にて。
リフォームのため、すんなりと取り付けできず部分的に調整や小細工が必要です。

取付方法も知恵を使って、道具を使って納めていきます。

そうそう、完全に新しくするにはコストがかかりすぎるので補修するところも出てきますが、それも全て手加工。

時には既存の他の場所から取り外してうまく利用してみたり。

ドアの上の壁板は反対側の部位から。

こんなふうに取り外して補修箇所へもっていきました。

そして、代替えに在庫の杉板を張って。
当初からここまでの計画が決まってませんでしたが、なんとかカタチになりホッとしています。

この「背戸山の家」もあと少し?
気を抜かずに工事していきます。

そして、来週のオリンピックに合わせ、我が家の長女・次女も夏休み突入!
だらけないように毎朝6時に起き、目の前の神社にてラジオ体操に参加です。


ついでに蝉の抜け殻採集とか(笑)

高いところにたくさん発見!

娘に懇願され、加工で出た端材を駆使し高いところの抜け殻を取ってる自分です(笑)

というわけで、暑さに負けず夏を楽しみましょう!