木下地が終わり板金屋さんにバトンタッチできる状態に。

屋根改修物件も木下地が終わり板金屋さんにバトンタッチできる状態に。

さらには永らく役目を果していた下屋は至る所で痛みがあり、その昔のDIY的な施工で不安の残る状態のため、この機会に撤去することに。
つくられてからどれくらい経過しているのかわかりませんが、どこかの撤去部材をうまく利用して骨組みが作られていました。
昔の方は持ち主が自分でやったりと色々な挑戦に頭が下がります。

解体も一苦労でしたが、立派なお蔵のファサードが出て解体前とガラッと変わった風貌です。
上部はダメージを受けている土壁が見えますが、またの機会の修繕となります。
今回は雨がかりの心配を減らし土壁のダメージ軽減です。

前の記事

屋根の葺き替え。