屋根の葺き替え。

梅雨に入りましたが、天気の合間を縫って、ご依頼先からの屋根の葺き替えです。
富士吉田では、時代で桟葺きの屋根があります。
桟の形状も四角(角桟)や三角(さんこば?とか呼んでます)などあります。
桟の間はドブと呼んでます。
グレードがいいと銅葺きですが、スタンダードほトタン。
今回はお蔵のトタンで三角桟(さんこば)のケース。
大概は桟を留めている釘がサビて雨水が侵入し、中の木が腐ってるケースがほとんど。
釘が隠れるように施工はしてあっても、トタンの表層や端部は錆びてきてじわじわ水が侵入してきます。

解体はトタンをひたすら剥いて、桟を撤去し、野地板の状態を確認。
釘も長いもの打ってますが、錆びると写真のような結末に。
まるで釘の笠ではなく先端のよう。
ここまで劣化していると
今ではガルバリウムが耐久性が良いですが、葺き替えしないのなら、マメに塗装するしかありません。
雨漏ほど建物に悪影響なものはありませんので、今後も永くもつように万事進めます。
今回は桟葺きには戻さず、平葺にしてスッキリ改修です。