玄関ドアの交換。

「背戸山の家」
〜玄関ドアの交換〜
中古物件購入時から、施主様の改修優先順位の上位に上がっていた玄関ドア。
当時の流行を感じる鋼製のドアでしたが、鍵の開閉に支障が出ていたこと、鋼製ならではの型遅れな印象。間口の小ささ。などなどの理由から思い切って新しいドアに交換です。
諸条件から、今回は国産木製玄関ドアの実績が長いユダ木工さんの「MIYAMA桧 超断熱玄関ドア」を採用です。
玄関ドアの交換で厄介なのは玄関土間や壁の取り合い。
玄関ドアのタイル部分は目地でコンクリートカッターを入れ、タイルはハツリ道具で慎重に剥がします。
納まりに余裕をもって開口部を新設し、ドア枠の固定と、本体吊り込みです。
後日、ドアの下枠周辺を丁寧に復旧し完成です。