床下工事は忍耐です。

「背戸山の家」

床下工事は忍耐です。
点検口から侵入し、匍匐前進、寝そべっての上向き作業、身体の動きの制約、などなど通常より手間はかかり不利な状況。
本来はなるべく避けたい作業です。
作業の基本は肉体への負担を抑えて、楽にすることですが、やむおえない時の選択肢です。
唯一の作業モチベーションは、これで「床の表面温度が上がる」という効果。
現場の都合で床下からの工事は週末に集中させていますが、急ぎ次の展開へ移りたいところです。

浴室と脱衣の床断熱から基礎断熱への取り合いもきっちりと。
外気の影響がどこからくるのか常に意識し、断熱材は隙間なく最大限の効果が発揮できるよう施工には細心の注意を払っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA