構造用合板について。

「背戸山の家」
今回は内部だけでなく外部も一部修繕という形で工事しておりますが、30年前というと今では主流の構造用合板は使われていないケースが多いです。
今回の外部改修にあたっては部分的とはいえ、構造用合板を装備してから防水や通気層の確保へ。
弊社では基本ここにはモイスTMを使用することにしています。
構造用合板は様々な種類がありますが、不燃・無機質(白蟻対応)・消臭・調湿などの効果に加え、一番の採用理由は「廃材の処分」にならないことです。
これが例え素材が重くても、コストが他のものより高くても採用している理由です。
モイスはバーミキュライトなどの天然鉱物で構成されているため、有害物質は含まず、肥料にもなります。
今回は部分的でも20枚以上使いましたが、どんな現場でも必ず開口部などが存在するため切り落とす部分が存在し、それを産廃処理など何らかの形で片付けなくてはいけません。
床下の湿気取りや脱衣マットなど、残材にも無限の使用可能性があるこういった環境性能が高い素材は何よりも使う価値があると思っています。