損傷の様子から学ぶ。

「背戸山の家」
〜損傷の様子から学ぶ〜

外壁の修繕エリアで最も損傷がひどかったのが、以前内装の撤去で投稿した通し柱。
内側の時にはここまでとは想像できませんでした。
外装表面からみたときにもある程度の心構えはしてましたが、いざ蓋を開けると想像を絶する被害です。
既に修繕に入っていますが、切り落とした様子をぜひご覧ください。
白蟻の形跡も所々で見られますが、白蟻を呼び込む引き金になったのは、言わずもがな、雨水の処理・外観形状・外壁のメンテナンスです。

ここまでの被害レベルをみて、引き金の要素と併せて考えると、竣工から程なくして予期できたことかもしれません。

前の記事

外部の解体に着手。

次の記事

通し柱修繕。