外部の解体に着手。

「背戸山の家」
概ね内部は一区切りのため、今度は外部の解体に着手。
30年前に流行ったタイプの窯業系サイディングを直張りの施工。
表面の塗装は数年前にやった印象ですが、そう考えると20年以上は塗装がされていなかったのでは?と考えます。

窯業系サイディングを維持していくのなら紫外線や雨がよくかかる部分などは10年に一度はしておかないと、塗膜が劣化でなくなります。
壁を触ってみて手が白くなれば劣化している証拠。

各所で部分的なサイディングの張り替えをされていましたが、解体してみると明らかに塗装のタイミングが遅かったかなといった部分がかなりありました。
サイディングの地が剥離していて塗膜が浮いてしまっている部分も見られました。

この手の素材は塗膜が切れると雨水が浸透していきます。軒の出がない部分は少ない雨量でも外壁に水がかかり、より濡れる時間が長引きます。
中に染み込むことで、今度は柱や梁、桁、下地材が濡れていきます。
直張りのため、乾燥はしにくい状況です。
外壁と接触している下地面は継続的に水分を含むことになるので、次は白蟻を呼び込みます。
その結果がこれです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA