内部は下地を作りながら断熱工事中。

「背戸山の家」
内部は下地を作りながら断熱工事中です。

なるべく既存の下地を使いますが、不要なもの追加するものが必ず出てくるため、仕上げに合わせて整理です。
断熱効果を出すためには断熱材がある部分の空気を動かしてはいけない「静止空気」をつくる必要がありますので、
空気が入る場所、出ていく場所があると空気は動きますので、これを塞いでいきます。

いわゆる「気流止め」になります。
気流止めにはいろんな方法がありますが、要は空気が動かないように密閉させればいいわけです。
木材を使ったり、スプレーのウレタン・コーキングを使ったり、などなど、適宜その場所にあった処理をしていきます。

あとで見えなくなる部分ですが、非常に大切です。工夫を凝らしてそんな場所を丁寧にクリアしていきます。