晴れの予報だったはず。

「背戸山の家」

昨日も晴れの予報だったはずなのに、全くもって天候がアテになりません。
屋根の出があれば多少の雨でも凌げるのですが、出がないと防水紙を張り切るまでブルーシートが撤去できない。
まさにそんな夕方。
下屋の上がようやく防水紙までできました。
外装が仕上がるまでは、この防水紙も一時的。
防水紙といえど紫外線に晒されていると劣化していくため、万能と思うのはNG。
耐久性を高めるのは家の質に大きく関わります。外部の耐久性は常に時間勝負ですね。
そして、一部サッシの交換でトリプルガラスの樹脂窓を投入です。