修繕から肉付けへ。

「背戸山の家」
〜内も外も〜

住宅の工事は基本、外先行です。
とはいえ、この1週間はいよいよ梅雨らしく天候は毎日安定しませんので外を優先しつつも内も進めています。
外は外周躯体の修繕が一段落したところで新しい状態に向けて下地を調整したり、補強で面材を張っています。
中は和室だった部分の床工事。30年以上前では和室の入口敷居は3センチ程度の段差がついているケースが多いので、段差解消としてここも調整してしつつ、併せて床断熱。

少しずつ肉付けされていきます。

前の記事

柱修繕その2。