事務所改修2

「事務所環境version UP床周り編」

また、床下に潜り始めました。
先日防蟻防腐処理が終わったので、防湿に移行です。
本来なら、湿度の高い状態を先に改善すべきでしょうが、作業工程上致し方ありません。
防湿してからビシャビシャも抵抗あるので。
なので、今回の防湿工事は前回に比べ汚れないよううまくやっております(笑)
しかし、僕の処理が下手なんでしょうが、約1週間経ってもホウ酸の乾かないところが多々…
と言っても木部はほとんど乾いてOKでしたが、電気や給排水の配管はなぜかまだホウ酸成分が乾かずにいました。
撒きすぎなんでしょうか。

床下防湿工事でシートの処理だけというのは結構ハードです。可能であればコンクリートでいきたいとこです。
シートの抑えや穴の不備も多少目をつぶれますしね。
何より床下が動きやすくなる。
しかし、床を壊さない選択で進めてますので、出来なくはないですが、奥で泣く羽目になるのでやめておきました。

地中梁、束石周りを全てテープ処理。
ウルト社のユラソールテープの接着力に期待してますが、まだ、湿度が高いせいか、コンクリート部は付きの悪いとこも多々…
しかし、他の気密テープでは全く無理。
今思えばブラシで軽くこすって汚れ落してからやればよかったのかなと。

防湿に続き調湿も行おうと思っております。先日天野保建築さんから頂いたモイスTMの端材を細かく処理して、専用調湿袋へ。
ゴミ再利用を実行すべく、だけど効果のほどを知りたいので。
今回とりあえず少し置いてみましたが、防湿のみと+調湿でどれくらい床下湿度の変化が出るのか、改めて分けて計測しようと思います。

汚さない作戦でやってるので床下点検口から(手前から奥へ)攻めております。
まずは地中梁間(二間四方で4坪)完了です。
まだ二区画あるので、そこではもうちょっと段取り良く進めたいですね。
さー、今度は地中梁を越した先を二マスやるぞー!
トイレ・ミニキッチン周りで泣きそうになりそうな予感・・・。
配管すごいので・・・。

また、タイミング見てレポします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

3.11から7年