SP「身体は資本」

腰を痛めて早2週間が経過している梶原です。

元々腰痛は慢性的だったのですが、いつもと違う痛み(汗) それも屋根改修での作業開始早々…

我慢できる痛みだったので半ば強引にその日は作業を遂行し、早仕舞い(職人特有の早退き的な表現です)。 すぐに接骨院にかかって診てもらったところ「肉離れ」と診断されました… いわゆる「ギックリ」というやつです(ToT) 動けるので程度は軽いとのことですが、とにかく寝起きの腰の曲がらなさといったらひどいです。 靴下は屈んでは履けません(泣) というわけで、ここ2週間は継続的に、接骨院に通い専門家に筋肉をほぐしてもらっています。 おかげさまで、施術を空けてしまった先週末を除いては腰が比較的よくなってきています。 しかし、今度は他の部位がジワジワと痛くなってきている始末。 肩甲骨付近や、膝の裏など。 共に筋肉的な痛みです。以下の部位です。

こんなことが続くとポンコツになる日が近いのか?と毎日戦々恐々としております。 怖いのがいずれも左半身。

押されると激痛が…(泣) 不思議と同じ部位でも右側は痛くないんですけどね。 効き方向の問題なのでしょうか。 さて、疲れ自慢をしてるわけではなく、怪我とのお付き合いについて。 一昨年は機械での大怪我で手術や入院という御法度な出来事もありました。

忘れたい思い出ですが。忘れないための写真。 ちょっと前には同業の先輩がギックリで数日現場で働けない日々を。あれは可哀想でした。 あれに比べたら現場出れる自分はマシとは思いましたが。 常日頃、怪我には充分気をつけて作業しているつもりですが、それでも怪我や疲労による痛みはいつくるかわかりません。 でも支障がでるとほんとに役立たずになってしまいます。 だんだん無理が効かない年齢でもありますが、適度な運動を心がけて、家族のためにも健康体を維持したいものです。

来月には人間ドックもありますので、さらに身体の調子には気をつけていきます。