SP「気づきの大切さ」

こんにちは。富士吉田の大工、梶原です。

オリンピックから今度はパラリンピック。
また多くの気づきを得る機会が始まりました。
パラリンピックはどの競技も特徴満載で、これほど人生のヒントになるものはないと感じます。

車椅子のチーム戦となるラグビーやバスケットは特に刺激的で迫力があり、一般とは全く別の世界です。
https://youtu.be/5V6AKK_-MlY

個人競技も先日のトライアスロンの宇多選手が頑張りました。
https://youtu.be/nbthV8VcnUw

リアルを見逃しましたが、エジプトの卓球、イブラヒム・ハマト選手は個性的なプレーは人間の無限の可能性を感じさせますね。

https://youtu.be/v4WNsLEsaO0

 

日曜の今朝は5時半に次女を起こしてウォーキング。

明見湖経由で我が家から一番近いコンビニである2.1km先のローソンまで行って戻ってくる。

まだ蓮の花も見れます。


往復1時間20分かかりました。
自分もハードでしたが、次女はもっと大変だったろうに。
たいしたもんです。

自分は走る方が好きだったりしますが(たまに走ります笑)、歩くと周囲をゆっくり眺められるのでいろんな発見があります。

草がすごい。

ちなみに先週のこれ。
もはや歩道をあるけません。汗
持ち主様、せめて境ギリギリにおさめてほしい。

今朝の散歩でも、いろんな家を見たり、花や虫、道の状態、川の流れなど日々変化があるので、感じることも様々。

多忙な日々の中でも必ず一息ついて、こういった時間や目線を大切にするといいことがありそうな予感です。

特に家での夕飯時、我が家は、毎晩やかましいです。笑
娘が3人もいると沈黙はまずありません。
毎晩運動会。

だけどこんなお手伝いもしてくれます。たまに。笑

近所のおじいさんがこの賑やかさをとても羨ましがります。
本当に贅沢な立場なんだなあと感じるこの頃です。

日常は意識しないとあっさりと物事が過ぎていきます。子供たちは特にこのことを教えてくれます。大切なことを見逃さず、日々の自分を磨いていきたいですね。