SP「単純作業も全力投球」

ブログを閲覧いただきありがとうございます。
富士吉田市で大工として住まいづくりをトータルサポートしている梶原建築代表の梶原高一です。

先日の大地震、またしても東北が震源地となり被災された方を思うとやりきれない気持ちです。
地震とはいつまでも向き合っていかなくてはいけないことですから、改めて人間の生活の一部くらいで考えなくてはいけませんね。
プロの私たちはお客様の意見以前に当然に耐震性の高い建物を提供することで皆様の暮らしを守っていかなくてはいけませんし、皆様におかれましては防災セットを身の回りの一部とできるよう日常化していきたいものです。

さて、今日は娘の習い事絡みの一幕で自分らしさを感じたことを。
私の娘たちはこれからのグローバルな時代をもっと楽しめるよう、かれこれ3年ほど英会話教室に通っております。
E○○です。

英会話といえば連続テレビ小説のカムカムエブリバディ。

我が家は私も含め娘たちは欠かさず見ております。
まもなくクライマックスで寂しくなります。安子とるいが再会できるのか?ジョーのトランペットは復活するのか?ひなたは結婚できるのか?
連続テレビ小説は登場人物がみんな個性的で、それぞれの繋がりや成長を長期的に強く感じさせてくれる素敵な番組ですね。

と、話が脱線してしまいましたが、今日はその英会話教室の教材整理を娘と実施。

英単語のカードが一括して配布されミシン目はありますが、これを全て分ける作業。
地味に大変です。

単純作業はあまり好きではないのですが、私は違う目線で燃えます(笑)
それはいかに効率よく早く片付けられるか?という視点。

ミシン目は必ず折り目を入れてから切り離し。

カードが交差するところの小さく残るのが曲者で、これをどう成敗してやるかも始めは試行錯誤しましたが最後はベストな手法を思いつきました!

娘のやり方も見ていて、注意はしませんが、こんな作業でも考えてすると面白いと伝えてます。
発想を鍛える素材はどこにでも転がっているものです。

もちろん、最後のまとめ方も重要!
性格が出ます(笑)トイレに行くのを我慢しつつも没頭してしまいました(笑)
やりかたって無限にあると思うんですが、それを考えるのが好きです。ただ、ずっと同じことを続けるのは正直きつい、、、^^;

現場でのお仕事にもそういう場面が割とあります。
同じサイズの物を作るときに毎回巻き尺で測ってつくるのは意外と遅いし、精度悪いし、間違えの元。
専用定規を自分で製作して、効率よく精度の良いものを量産する。
大工という仕事をしていると、そういうところも頭を使うのでとても脳トレにはいいです(笑)
イマジネーションとオリジナリティを求めるというモチベーションがでてくので絶対に飽きません。

つくるって、本当に楽しいですね。