八ケ岳エコハウス「ほくほく」プロジェクト。自然エネルギー設備のための工事。

自然エネルギー設備のための工事が進んでいます。 

太陽光パネルについて、本来なら屋根に設置がベストなのですが、屋根のセメント瓦の劣化が著しく、近い将来に屋根の葺き替えを検討せざるをえないため、今回は屋根には設置せず、庭先にパーゴラをつくり、パネルの設置スペースとします。
増築とはせず、少し高い架台の設置といった感じになります。
パネルが300W×10枚載るため、宅内の日射にも配慮しながら載せる予定です。
いずれは屋根の改修時にパネルを移設することになります。

庭先の小屋掛けがおおがかりになるため、家主に実際の雰囲気を確認してもらうため、少し間が空いてしまいました。
おおよその架台の雰囲気を確認し、その後、庭先の片付けや内部の床塗装を行いました。

温水器担当のチリウヒーター川合さんも部材を搬入、今週はいよいよ、森のなかまたちの薪ボイラーも搬入され、双方の設置が行われます。
ガスも灯油も使わずに太陽光発電と木材で給湯できるようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA