SP 「あなたの目的は?」

ブログを閲覧いただきありがとうございます。
富士吉田市で大工として住まいづくりをトータルサポートしている梶原建築代表の梶原高一です。

先日は県外にて建て方のお手伝いに。


そして、今週はまた別の現場での建て方の声がかかっています。
両者は全く別の手法で建ててますので、比較が面白いです。
今週の建て方が終わったらまた両者の検証をしてみたいと思います。

建て方とは別に合間を見て短期勝負で住宅トイレの改修を。

天井・壁 : ベニア下地のビニールクロス
床 : CFシート
断熱 : 天壁グラスウール50㎜(気流止め無し)、床無断熱

私はなるべく機器の交換時には併用して環境改善も提案します。この機会に断熱工事や仕上げの素材変更もまとめてすれば劇的な改善となります。

天・腰上壁 : モイス6mm
腰下 : パイン板張り12mm
床 : 杉30mm
断熱 : 天壁グラスウール105㎜(気流止めあり)、床EPS120㎜

やはり、こうなるとトイレが落ち着きます(笑)

 

さて、この頃有難いことに弊社のような小さい建築屋に全くの新規としてお問い合わせが届きます。
とはいえ、受注に結びつくかは別問題。

弊社を知るきっかけも様々。

お問合せは初めの第一歩。
新築もリフォームも内容は様々です。
目的はなんであれ、弊社の何を求めているのか?を丁寧に読み取っていきます。

私たちは、万能ではありませんのでお客さまが望む全ての事をなんでも受け応えてできるわけではありません。
建築という形が残る仕事をしている以上、私たちの理念に基づいて私たちが信じる建築で応えていきます。
そして、実はお客様自身もそれぞれの根幹がありますので、方向性の合う合わないが出てきます。

また、問い合わせの中にも稀に見積もりが無料なのか?という質問がございます。
この問い掛けの真意は図りかねますが、見積も時間を割いてまとめているということは間違いありません。
無料だったら金額だけ聞いて、他にも相見積もりを取ったりしてみようかと考えてみますか?
いろんな会社を検討することは大事ですが、あなたの選択基準は、依頼先の提案する金額ですか?技術ですか?それとも会社の考え方ですか?

安い・高いという指標だけではいろんな目線を曇らせます。
もちろん予算は大切ですが、依頼したいことをどんな人にどのように応えて欲しいのか?
想いが反映されたマイホームは、出来上がりの満足感が絶対的に違う。
同じ内容をお願いしたとしても、つくり手がどんな軸をもっているかで見た目以上に全く違ったものになるはずです。

↑北杜市の物件がYouTubeで語られています。

お客様のこういった想いと我々のやろうとしていることがリンクすると建物は設計図以上の出来栄えを発揮します。

建築という事業の前に、人対人の関係、建物に対する想いを構築する姿勢をもつときっと良い結果をつくると私は信じています。