SP「図面と現状」

ブログを閲覧いただきありがとうございます。富士吉田市で大工として住まいづくりをトータルサポートしている梶原建築代表の梶原高一です。

進行中の現場は築年数の古いログハウス。

サッシが貧弱だったために、入れ替え。

当時のログハウスの気密性はスカスカもいいとこですが、やれることがないわけではありません。

少しでも室内環境を改善できるよう改修していきます。

さて、現場作業を並行して進行しつつ、他物件も動いていきます。

先月弊社に訪問してくださったお客様の自宅へ訪問。頂いていた資料を検証しつつ、実状を検分です。

庭先の植栽が緑豊かで、見頃の紫陽花はとても目の保養になります。

ある程度図面情報を頭には入れていましたが、実際と異なる部分も多く見受けられました。

階段付近が想像していたものとかなり違う結果でした。

本格的な検証は行いませんはでしたが、壁の位置、間取りの変更は建設当初に変えた様子。器的には面積が変わってるわけではなく、内部の使い勝手が変更程度。

図面が残っていても、最終的には既存と整合性がどうなっているかの確認が重要。

まだ、この建物をどうしていくかを決定する時期ではありませんが、ご家族様皆様にとって、建物も土地も活きる結果を目指さなくてはいけません。

晴れていたら富士山が見えていたある部屋の眺望。図面が実際と違っていようといまいと、そこに住まう住人が心豊かに生活できることが何より価値があります。今後もご家族にとっての最適解を導き出せるよう私なりにサポートしていきます。