日常的に凍結が心配される時期になってきました。~小沼の家~

西桂「小沼の家」。

日常的に凍結が心配される時期になってきました。
寒冷地においては外部の水道が不凍栓になっているならば、必ず水抜き用で開け閉めですね。
無い場合は出しっ放しかヒーター対応が必須になります。

新築現場はようやく足場が解体され外装の完成となりました。
内部は引き続き造作に移行してます。

この物件は外部の納まりにとても気を遣っています。
ほとんどが軒の出なしの「軒ゼロ」
軒ゼロは通常以上に防水対策と屋根通気がとても重要になります。
先日の台風で、軒の出なしの物件で雨漏りとなった例もあるのではないでしょうか。
屋根の防水は通気下と通気上の二段構えで構成されています。
通気内側の防水については壁から屋根から切れ目なく連続しています。

そして、外部の塗り壁においては通気層を省略し、直接断熱材を貼り付けて塗り仕上げを行なっています。
こちらは材の選定を間違えると内部結露を引き起こし、躯体が損傷するリスクが高くなります。
もちろんこの工法でも通気の代わりとなる対策は抜かりありません。

内部の充填断熱もあるので、
外張り断熱(付加断熱)+木熱橋対策(断熱材よりも熱を通しやすい木の部分を更に断熱材で覆うこと)でより熱の移動を減らしています。

人が生活する以上、必ず存在してくる湿気。
この湿気排出方法が長持ちの生命線になります。

湿気は「水」とは違い目には見えません。
いわゆる分子レベルの違いです。
学校で勉強したように
水は固体(氷)・液体(水)・気体(水蒸気)で呼び方が変わります。
お湯を沸かした時に見える白いものはまだ水の状態であり、消えて見えなくなり水蒸気になるということです。

透湿防水シートとはこの分子レベルを利用した防水製品です。

材の選定は一歩間違えると命取り。
「効果を最大限に活かすため、家を長持ちさせるため」
の工夫がどのようにされているのか、数社で比較をする場合の金額の違いはそのような部分にも目を向けると理解しやすいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA