住まい手の配慮は欠かさず。

住まい手の配慮は欠かさず。

リフォームの床上貼り修繕で注意が必要な段差解消。
そもそも段差が出ないように下地を調整する計画でいきますが、やむおえず出てくる段差には特段の配慮が必要です。
特に目立ちにくい2〜3cmの段差。
時代によっては廊下と和室の間仕切りで敷居の段差が3cmつくというのがよくありました。
これが高齢者や足腰に障害のある方には結構つまずきやすいものです。
段差解消商品としてこんな商品が販売されているぐらいです。
車椅子の場合は2cmを超えてくると乗り上げが難しくなってきます。
今回は納まりの都合上、施工の取り回しの効く3cm厚の床で対応してましたので部屋間の段差の取り合いは、フローリングをそのまま加工しこんな感じで仕上げてみました。
無垢材だからできる納まり。
すりつけ段差スロープの商品に頼らずとも工夫でいけるものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA