八ケ岳エコハウス「ほくほく」プロジェクト。中間試験実施。

弊社は新築はもとより、リノベーションでも断熱区画して工事するのであれば必ず気密測定で施工状態を確認します。新築ならC値は0.5以下リノベーションなら工事範囲にもよりますが、出来る限りこのぐらいは。それは住まい手の生活に直結する大切な能力だから。中間で施工状態の確認(施工不備の修正)、竣工時は最終能力の確認。設計値は想定になってしまうので、現場での実測が全てです。

梶原建築さんの投稿 2020年8月2日日曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA