八ケ岳エコハウス「ほくほく」プロジェクト。ほくほくでの作業。

相変わらずの合間のほくほくでの作業。
現在現地では杉板天井に取り掛かっていますが、無垢の素材はやっぱり格別です。

ご覧のように凹み程度の傷では水を含ませれば簡単に元どおりになります。
また、削っても当然同じ素材、そもそも傷が味になるとも受け取れます。
端材はゴミでなく燃料にもなる!
こんな芸当は他の素材ではできませんね。
木は循環する素材なので、伐採から植林のルーティーンが適切であれば、いつまでもなくならない素材。
また、こんな話もあります。
学校の構造が鉄筋コンクリート造と木造では木造のほうが断然学習効率が高いというお話。
木に囲まれた生活は人を落ち着かせるんですね。

かたや、模造品のような化学製品はどんなに見た目が良くてもフェイク品。直しは難しく、人への影響が気になる素材も添加されてたり、永久的な素材ではなかったりと注意が必要です。

やはりホンモノには敵いませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA