小沼の家 竣工~OPEN HOUSE

2/9に小沼の家を公開いたしました。
見学会の様子やこの建物について、振り返りたいと思います。

甲府市の伊東工務店様が見学がてらドローンによる空撮をしてくださいましたので、外部の様子を上空より。
屋根はガルバの縦ハゼ。
外壁は付加断熱したEPSボードの上にインデックスコートとよばれる左官仕上になっています。
正面の一部以外は軒ゼロになっています。
下屋と二階外壁の取り合いや防水・通気処理などには充分配慮しています。

 

内部の見学会の様子。
少数スタッフでの対応でしたので、写真が少なくて残念ですが雰囲気だけでも。

無垢フローリングは一階は国産赤松・二階は国産杉、そして脱衣は桐で針葉樹満載の素材自体も暖かい仕上り。
壁や天井は珪藻土(Colorful & Easy)とオガファーザーを主体としながら、レッドシダーやモイスなどを織り交ぜています。
木部はリボス塗料で木の素材を活かしています。
天然素材満載でとても空気がおいしいですね。

 

断熱構成は以下の通り。
熱橋もできる部分は対策しています。

 

クリーニング前にLDKの表面温度計測。
床置きのエアコン12畳用をまわして。

 

主要部分は電磁波対策も!
見学会当日もたくさんの方に電磁波に対しての関心を頂きました。
ほとんどの方が日本の現状を理解してない方ばかりでした。
ぜひ、簡易対策も含めフォローしていきたいと思います。

対策されていない部分(写真はトイレ)でも基準値オーバーですが、低めの数値ですね。
対策なしなら通常は床も壁も200~300v/m出ます。
ちなみに、EMFAは北欧のスウェーデン基準にならっています。
電場25v/m以下、磁場2.5mG(250nT)以下が体への影響が少ないと言われています。

 

ちなみに参考までにノートパソコン使用時の数値を。コンセントから電源とってる場合。

電源とりながらもアース接続。

バッテリーのみなら電源取得時よりも小さいですが、アースが抜群です。
電磁波の影響は身体に現れる可能性が懸念されています。肩こり・頭痛・アレルギー症状などがひどい人はぜひ対策されてみては?

 

最後に昨年の「向原の家」のエコハウス大賞奨励賞受賞の宣伝とEMFAよりオールアース認定をいただいたので見学会にて飾らせていただきました。

見学会開催に御協力いただいたお施主様をはじめ、建物に携わったたくさんの関連業者の方、見学会に足を運んでくださった方、本当に感謝しております。
ぜひ、次回以降の活躍もご期待ください。
また、ご相談があれば些細なことでも対応を心がけていますので、お問合せ・ご連絡をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA