改修パターンで最も大規模な工事になります。既存建物や中古物件をお客様なりに骨組の状態から大きく間取り変更も兼ねて行いたいに有効です。

言ってみれば、新築の上棟した時点からスタートするイメージですね。
弱点としては解体(人力で)や処分費用が大きいことですが、骨組の多くに劣化が無ければ建て替えよりも有効といえます。