基本的に部分改修においても断熱を含める場合は「区画する」考えが重要ですが、ここではもっと大きいスペースで考えます。

築年数が30年クラスになってくると家族構成も変わり使わない部屋も出てくる方も多いと思います。
面積の大きい家ではなおさらです。
家族が少なければ居住スペースを凝縮して間取り変更はいかがでしょう。完全に家族が増えない前提であればメンテナンス量を減らす意味でも減築という選択肢もあります。

しかし、建物は残しつつ必要部分だけを新しくつくり変えたい場合、「家の中に家をつくる」イメージはシェルター的で有利な面も多いです。区画外の使わないスペースは収納的要素としても使えますし。
外壁からひとスペースおいて内側に新しい断熱壁をつくるのは縁側や風除室的要素が強くより外気の影響は受けにくくなります。新旧を活かす場合の選択肢として考えてみましょう。