こわらの家は解体終盤。

富士吉田市内「こわらの家」

解体も終盤。

こわらの家、だいぶスッキリしてきました。

新しい区画内についてはあとは根太を取り外すのみ。
大引は劣化状況をみて利用の判断をします。
そして、区画ライン周辺の天井・床も構造的な影響も考慮して一時撤去していきます。

解体から、今度は躯体補強を通して新しい壁の製作へ。

しかし、その前に排水ルートの確保と床下の防湿になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA