現地でのベストな対応策を心がけています。

弊社が対応する物件は既製品にとらわれず、なるべく現地でのベストな対応策を心がけています。
ゆえに、変則的な加工も対応しています。
既製品は既定寸法があり、縛りがありますが、その辺りも自社加工なら変幻自在。
都合の良い寸法で納めます。
もちろん現場加工も必要ですが、加工設備が整っていることで、より正確な部材を製作することが可能です。
いつかに購入したアウトレット品の方眼紙ノートは図面も書きやすく(ほとんどフリーハンド用)、加工帳といって部材の拾い出しにも使っています。
見えない部分の段取は現場での作業に大きく反映します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA