今日は現場の話ではなく、日常面でのお話。

今日は現場の話ではなく、日常面でのお話。

今や一般家庭でも一家に一台、いや一人一台のパソコン保持時代。
現場が主である大工の我々も図面や見積などをする際は必須です。
便利なものではありますが、実は結構出ます。
電磁波が。
なので、是非アースをとることを勧めます。

デスクトップではアースが取れるコンセントが装備されていますがノートはついてないのが当たり前。
ノートもバッテリー使用の状態なら問題ありませんが、コンセントから電源とると強烈な電場が。
スウェーデン基準に併せた日本電磁波協会の基準も25v/m以下を推奨してますが、このとき発生する電場は500v/m以上!
凡そ20倍。
長時間このような状態でパソコンに触れ続けると、帯電状態が長引き、自律神経や皮膚への影響が出る可能性があります。
影響も散りも積もれば。
影響が表面化する前に予防策(アース)をとっておくと安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA