忘れてはいけない劣化という症状。

忘れてはいけない劣化という症状。

人間と一緒で建物も衰えは怖いものです。
定期的な健康診断(インスペクション)やお手入れ(劣化対策)は欠かせません。

そもそも設計段階で、数年・数十年後の劣化は想定できます。
さらに、素材選び、施工方法や予防を含めたお手入れ計画、これで建物の寿命に大きな差がでます。

劣化対策なくして、長持ちはありえません。
初期の状態がいくら万能でもその後の状況次第で弱体化する可能性があることを知っておきましょう。
紫外線による外壁の白化現象やシロアリの存在を意味する蟻道確認など。
うっかりした結果が取り返しのつかない状態を生んだ場面は結構あるものです。
日頃からのインスペクションの大切さが身に染みますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA