絵に描いた餅。

絵に描いた餅。

最近は色々なツールにて熱心に勉強されている方もとても多いのではないかと感じています。
こちらからすると、お互いが吟味する上では良い傾向ではないかと思います。
が、なかには時として自分では譲れない考えもあるでしょう。
主観を大切にすることは良いと思います。あなたの城ですし。
しかし、我々サイドはおいそれと賛同できない場面が出てきます。これを機能的に成り立った形につくる役割がありますから。
それは、構造であったり、設備であったり、納まりであったり。
お客様の提案から、複雑に構成されるたくさんの検討課題が生まれます。
例えば、この部屋を少し広くしてほしいと感覚的には大したことないの希望かもしれませんが、実際は上記のような検討内容やコストへの反映(単純に面積当たりいくら増加というものではない)が降りかかってきます。
構造計算や省エネ計算を丁寧にやっているところほど、この影響は無視できません。
なので、軽はずみにOKすることはできないんですね。

夢のプランを自分で描かれる方は、それが必ずしも通るとは限らないゆえ、特別に注意が必要です。ビジョンをもつことは大切ですが、これでお願いしますという手段は、一つ間違えると(これでなんとかやってくれ的な)、押し付けになってしまいます。無理は禁物です。

もしプランを考えるなら、機能図や動線計画程度でストップして、その先はプロに相談されて進めるのが良いのかなと思います。

写真は住宅の計画ではありませんが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA